OEE(総合設備効率)は、生産システムが実際にどのくらい効果的に稼働しているかを
評価するために鍵となるパフォーマンスの指標です。

すべての用紙サイズのOEEの平均は現在は約20%であり、Pusht to Stop ジェネレーションのスピードマスターXL106さえも平均は27%に留まっており、
OEEが現実的には、もっと高い数字を得られることを考えれば、まだかなり大きな改善のポテンシャルがあるということになります。

これは、OEE50%、もしくはそれ以上のOEEで現在既に稼働しているスピードマスター印刷機によって証明されています。
その平均の生産性は、ここ数年で倍になることが期待されています。

年間最大9千万枚という数字で、最初のスピードマスターユーザーが既にそれが可能であることを証明しています。

ポテンシャルを追求する イエローバーにフォーカス

機械のOEEを向上するため、改善すべき存在するポテンシャルを生かさなければなりません。

このポテンシャルの約半分は、技術的側面(図中のグレーバー)と結びついています。しかし、技術的な改善は、同時に組織的側面も改善されなければ、必ずしも成功として結果を得られません。

ポテンシャルの他の半分は、プロセスとオペレータに関連しているのです。(図中のイエローバー)

ここが、まさにハイデルベルグが注目しその活動を集中している所なのです。

Push to Stop によるプロセスの向上とオペレータに依存しないソリューションが
OEEに直接効果をもたらします

イエローバー、つまりプロセスとオペレータの領域における改善のための活動は、OEEに対して直接的な影響を及ぼします。
こここそが、大きなポテンシャルが存在するところです。

Push to Stop、より広い範囲でのプロセスの自動化、そしてインテリジェントなアシスタントシステムによって、2020ジェネレーションのスピードマスター印刷機は、さらに包括的なナビゲート印刷と完全自動運転印刷を可能にします。

機械のインテリジェンスは、パフォーマンスのオペレータへの依存を最小限にします。
生産性は向上し、プロセスはスピードアップ、そして、計画可能、再現可能になります。

オペレータは、モダンで魅力的なワークステーションでプロセスを通してナビゲートされます。
そして、この方法により日々ますます増加する要求事項に対してより上手に対処できるようになります。

新しいレベルのPush to Stop - すべてのスピードマスターでOEEを最適化するために

新しいハイデルベルグのユーザーエクスペリエンス

ハイデルベルグユーザーエクスペリエンス(UX)の新しい世界に浸ってみませんか: 完全に再考され、かつてない明確さを有したスピードマスターのユーザーエクスペリエンスは、今までの標準を全く新しいものに置き換えます。

AIとスピードマスター

プリセット2.0、ウォッシュアシスタント、パウダーアシスタント、そして、カラーアシスタント:これらのAIは、人の介入を最低限まで軽減し、プリントショップの競争力を向上します。

お問い合わせ内容のご確認

このたびはお問い合わせありがとうございます。今回のお問い合わせに迅速に対応するために、お客様の情報をお知らせください。 *印は入力必須項目となります。