ご購入に関するお問い合わせ

スピードマスターXL106 -drupa2016モデル-

株式会社 大鹿印刷所 様

「Push to Stop」実現への第一歩を踏み出した老舗パッケージ印刷会社

株式会社大鹿印刷所は、1900 年(明治33 年)創業の老舗パッケージ印刷会社です。

岐阜県揖斐郡大野町に本社を構え、主に和洋菓子・食品など観光土産を中心とするパッケージ関連の印刷物を幅広く手がけています。
その範囲は貼り箱・折り箱から、包装紙、トレー、手提げ袋、しおり、シール・ラベル、販促用パンフレットまで多岐に及びます。

また商品づくりをゼロからお手伝いするすぐれたクリエイティブ能力、印刷から後加工、製函、納品まで高品質で魅力的な製品を生み出す卓越した生産能力は、同社のビジネス成長の原動力であり、他社との差別化を図る大きな強みになっています。

印刷部門では5 台のハイデルベルグ印刷機が基盤となって、あらゆるジョブに対応。
厚紙印刷部門には2 台のスピードマスターCD102-6-LX UV(コーター付き菊全判6 色UV 印刷機)とCD102-2+L(コーター付き菊全判2 色印刷機)、普通紙・薄紙印刷部門にはスピードマスターSM102-4(菊全判4 色機)に加えて、最新のスピードマスターXL106-5(菊全判5 色機)を擁しています。

最も新しいXL106 は「Push to Stop」をコンセプトとしたdrupa2016 モデルで、今まで使っていた他社製印刷機2 台(菊全判4 色機・5 色機)の代わりに2017 年1 月に導入されました。
2 台を1台に集約した経緯について、大鹿道徳社長は次のように話しています。

「XL106 なら1 台で2 台分の働きをすると、ハイデルベルグから勧められたのがきっかけです。国内の導入ユーザーを何社か見て、予備紙が少なくなる、準備時間が短縮できる、省力化にもつながると判断し、導入を決めました。2 台は無理でも1.5 台分の働きをしてくれれば、厳しい価格競争のなかでも、コストを抑制して収益向上が見込めると考えました」

前準備時間の劇的な短縮、クレームゼロの基準値印刷を実現
「オフセット印刷のオンデマンド化」を実現するXL106

株式会社大鹿印刷所

〒501-0593 岐阜県揖斐郡大野町大字上秋357

TEL.0585-36-0001
FAX.0585-36-0031
http://www.ohshika.com/

お問い合わせ内容のご確認

このたびはお問い合わせありがとうございます。今回のお問い合わせに迅速に対応するために、お客様の情報をお知らせください。 *印は入力必須項目となります。