お問い合わせ

ご購入に関するお問い合わせ

医療品パッケージへの情熱
2020ジェネレーションでさらなる成長を

02/24/2021

  • Papierwerk Landshut Mittler社は何十年にもわたり高品質の折り箱を生産
  • ハイデルベルグの新しい2020ジェネレーション、スピードマスターXL75と新しいMKダイアナスマート115が、生産性の向上とともに最高の品質を実現
  • AI(人工知能)を備えたウォッシュアシスタントが洗浄時間を短縮

その高品質のパッケージを世界中で目にするPapierwerk Landshut Mittler(plm:ドイツ)社は、品質、信頼性、情熱、これら3つの言葉で表せる会社です。さらなる成長を目指して、昨年、新しい2020ジェネレーションのスピードマスターXL75-7+Lに投資した最初の折り箱印刷会社となりました。ハイデルベルグのパートナーであるMKマスターワークの新しいダイアナスマート115フォルダーグルアーへの投資が、ハイデルベルグの最新のパッケージソリューションを完了させました。最先端の革新的な技術を使用することで、最高品質と高い生産性を両立させることを可能にします。

「お客様のために最高の折り箱を生産するために、私たちはつねに最も革新的な装置を探し求めています。」と、plm社を経営する家族の3世代目のギュンター・バーニングハウス氏は説明します。「私たちのスローガン”ビヨンド・ザ・ボックス(Beyond the box)”も、それを表現しています。そして私たちは、まだ独立していることを誇りに思っています。」訓練を受けた活版印刷のオペレータおよび印刷エンジニアは、40年間同社で働いています。また、彼は「つねに適切な機械に投資してきた。」と、述べています。1914年創業のplm社は、ドイツ、オーストリア、スイスの中規模の製薬会社と委託製造業者へのビジネスが、その生産の80%を占めています。残りの20%は、化粧品と一般消費財の折り箱です。plm社はまた、世界的に調和した生産を実現するために国際的に有名な製薬会社と協力して、複雑なカラーガイドを開発および製造することに取り組んでいます。

1996年以来、同社はヴェルト・アン・デア・イザールに拠点を置いており、生産プロセスの構築とそのさらなる成長のためにも十分なスペースがあります。 「私たちはつねに、高いレベルの生産性を維持するため、ひとつの拠点に焦点を合わせてきました。さらに、私たちは独自のトレーニングに多額の投資を行っており、その10%という割合には誇りをもっています。」と、ギュンター・バーニングハウス氏は成功の秘訣を説明しています。そして、plm社にはもう1つ特別なことがあります。それは134人の従業員のほぼ半数が女性ということです。

https://plm.de/en

ハイデルベルグとのパートナーシップはウィンウィン
現代的なワークステーションと生産性の向上
チームスピリットと良好な協力体制
HD-logo-jpeg

太田 一彦
デジタルマーケティング部 Tel: 03-5715-7374
Fax.: 03-5715-7260

お問い合わせ内容のご確認

このたびはお問い合わせありがとうございます。今回のお問い合わせに迅速に対応するために、お客様の情報をお知らせください。 *印は入力必須項目となります。