お問い合わせ

ご購入に関するお問い合わせ

“私たちはプロセスサプライヤーとして実際に売上を5%増加させることができました”

09/23/2020

  • メディアハウス アーハウス社が合計450万ユーロの完全なパッケージに投資
  • 新しいスピードマスターは、インテリジェントアシスタンスシステムとナビゲート印刷により、パフォーマンスを2桁改善
  • フィールドテストのハイカラープロを”湿し水装置最適化の飛躍的な進歩”と表現。以前の印刷機と比較し、ヤレ紙を50%削減
  • 厚さ1.6mmまでの原反に印刷できる能力が仕事の幅を拡大

ドイツのミュンスターランド地域にはたくさんの魅力があります。そこに密集するIT企業群が、ドイツのシリコンバレーに磨きをかけています。eコマースサービスを提供し、パッケージ印刷会社を運営するメディアハウス社は、アーハウスを拠点としています。同社は今年の1月、ハイデルベルグからスピードマスターXL106-6+L 2020ジェネレーションを導入しました。これはスピードマスターCD102-5+Lの入れ替えであり、パッケージ印刷会社へのスピードマスター2020ジェネレーション最初の導入となりました。メディアハウス社はハイカラ―プロも使用して、湿し装置の最適化のフィールドテストも行っています。「新しいマシンはすでにパフォーマンスが2桁改善されています。そのパフォーマンス、可用性、高品質、およびオペレータをサポートするために設計された新しいスピードマスターオペレーティングシステムに感銘を受けました。」と、メディアハウスグループのマネージングパートナーであるヤン・ヘンドリック・ウォルフォート氏は言います。

メディアハウス社は昨年末、新しいパッケージ印刷ソリューションに合計450万ユーロを投資しました。その多くは印刷機への投資です。しかし2020年3月にロックダウンが発出されると、世界は変わりました。「現在、折り箱の印刷は私たちの仕事のほぼすべてを占めており、コロナウイルス流行の間、この新しい印刷機には本当に助けられました。私たちは最前線のサービスと見なされており、実際に売上は5%増加しました。」と、ヤン・ヘンドリック・ウォルフォート氏は説明します。食品業界の顧客や特にディスカウント業者にとって、ロックダウンは彼らのビジネスにとって追い風になりました。メディアハウス社の多くの顧客は、ビジネスが再び回復し始めている高価格の家具業界です。同社の特徴は、提供する幅広いアプリケーションです。多くの顧客は、eコマースおよび印刷サービスから得られる相乗効果を活用しており、強力な顧客定着率が、メディアハウス社に競争上の優位性をもたらしています。

新しいスピードマスターがパフォーマンスで2桁の向上
ハイカラープロ - 新しいリモート調整可能な湿し水装置 -
メディアハウス アーハウス社 普通の印刷会社からパッケージングのスペシャリストへ
HD-logo-jpeg

太田 一彦
デジタルマーケティング部 Tel: 03-5715-7374
Fax.: 03-5715-7390

お問い合わせ内容のご確認

このたびはお問い合わせありがとうございます。今回のお問い合わせに迅速に対応するために、お客様の情報をお知らせください。 *印は入力必須項目となります。