お問い合わせ

ご購入に関するお問い合わせ

パッケージ印刷会社が新しいスピードマスターXL106で、市場におけるポジションをさらに強化

07/22/2020

  • コロナウィルス感染拡大下においても成功裡に導入:シェーファープリント&パッケージ社は折り箱生産のため、かさ上げしたコーティングユニット付スピードマスターXL106を導入
  • 革新的な印刷機、ワークフロー、サービスからなる完全なパッケージが決定の要因に
  • 顧客志向と最先端のテクノロジーへの投資を通じて成長

待ったかいがあった!ヴェルタ―にあるシェーファープリント&パッケージ社は、ハイデルベルグのスピードマスターXL106 2020ジェネレーション導入の数日間、活気に満ち溢れていました。それは、パッケージ印刷会社のためにドイツで初めてかさ上げされた印刷機となりました。スピードマスターXL106-6+Lのため、最大2メートルの新しい基礎が特別に造られました。シェーファープリント&パッケージ社は、ホームページにてXL106設置までの日数をカウントダウンしました。新型コロナウィルス感染症拡大の中、関係する人たちの健康と安全を確保するため、より注意深い計画が必要でした。シェーファープリント&パッケージ社は、食品業界向けの折り箱を専門としており、製菓および冷凍食品セクターの有名なブランドを長年の顧客として仕事をしています。43名のスタッフが、この地域のこれらのセクターの企業やドイツ全土の顧客向けに生産をしています。

「柔軟性、信頼性、24時間体制でのお顧客との近い距離こそ、過去4年間社長として率いてきた当社の成功の要因である。」と、ティモ・シェーファー氏は表現します。彼の父であるウド・シェーファー氏は、広告資料や伝票を印刷するために1987年に会社を設立しました。同社は10年後に、新しい建物に移転し、スピードマスターCD74で小さな折り箱を印刷し、既存の商業印刷のビジネスにパッケージ印刷を加えました。その印刷機をスピードマスターXL75-6+Lに入れ替えた後、同社は折り箱へ完全に方向転換。今では15年以上折り箱の生産をしています。「今、私たちは75から106へサイズを上げるという、次のステップに進んでいます。私たちのお客様は私たちの柔軟性とスピードに期待しており、私たちのこの投資の目的は、それを維持し、言うまでもなく、そのさらに上を積み上げていくことです。」と、ティモ・シェーファー氏は説明します。

成長への道とサイズ変更
将来は、さらなるデジタル化を
HD-logo-jpeg

太田 一彦
デジタルマーケティング部 Tel: 03-5715-7374
Fax.: 03-5715-7390

お問い合わせ内容のご確認

このたびはお問い合わせありがとうございます。今回のお問い合わせに迅速に対応するために、お客様の情報をお知らせください。 *印は入力必須項目となります。