お問い合わせ

ご購入に関するお問い合わせ

スタールフォルダーKH82-P

旭紙工株式会社

  • 利益の出るページ折りの内製化を実現
  • 国産折り機の複数台に相当する生産性
  • 社外に頼らない社内での品質管理と生産体制の実現

圧倒的な生産性を誇る、スタールフォルダーKH82P の導入によって、効率のよい、利益がでる内製化を実現

1963年大阪で創業以来、お客様の高度なニーズに対応した製品の提供に努力している旭紙工株式会社は、カレンダー製本に始まり、断裁・折り・貼込・中綴じ製本と徐々に加工の幅を広げ、 2006 年には無線綴じラインを導入、結果、幅広いお客様の要望にお応えできる設備体制へと拡充してきました。

旭紙工 橋野社長がスタールフォルダー KH82-P を導入したのは 2019 年 2 月でした。当初、高い生産性を維持できるKH82-P の導入を検討したのは drupa2016 で、1 年後にウィッスロッホ工場のデモセンターでデモンストレーションを見学、「この折り機ならば自社の弱点を補える」と橋野社長は感じたとのこと。 当時の一番の悩みは折り加工の協力会社の廃業でページ折りが出来る外注会社が無くなった事でした。スタールフォルダー KH82-P の導入で、一人のオペレータで高生産なページ折りが可能になると実感した瞬間でした。

旭紙工株式会社

〒580-0046 大阪府松原市三宅中6 丁目14 番19 号

TEL.072-336-5360
FAX.072-336-5365

http://www.asahishiko.co.jp/

お問い合わせ内容のご確認

このたびはお問い合わせありがとうございます。今回のお問い合わせに迅速に対応するために、お客様の情報をお知らせください。 *印は入力必須項目となります。