より良い印刷

プリプレス

3D効果はどうですか?

レンチキュラー印刷で、印象を与えましょう。プリネクトは、3D画像の縞やモアレのないレンチキュラー印刷用のデータ処理を迅速かつ簡単に行います。

次のステップが必要です。

  • まず、レンズの精度と正しいフェーズを確保するために個別のリピートを調整します。
  • 高解像度の画面が関連するレンチキュラーフィルムに合わせて選択されます。
  • スープラセッターの特別な画像解像度が縞(バンディング)を防ぎます。

ポストプレスのスピードアップをしたいですか?

時は金なり。印刷シートの乾燥が早くなればなるほど、ポストプレスのスタートが早くなります。ここで障害となるのはインキの使用量が多い絵柄です。プリネクトは、画像の特性を変更することなく、色分解段階で総インキ量を削減するICCプロファイルを作成します。これにより、シート上のインキ使用量が減り、乾燥時間が短縮され、ポストプレスへの移行が早くなります。

インキを節約したいですか?

コンポジット印刷でインキの使用量が多いと、生産時に問題となることがよくあります。プリネクトは、安定性のあるソリューションをご提供します。カラーツールボックスは、画像の特性を変えることなく、色分解の段階でインキの総使用量を削減するICCプロファイルの作成を可能にします。ワークフロー内でPDFデータを取り込む際の検査でインキを削減する必要があると示された場合は、ICCプロファイルが実行されます。データ(新たに分離されたデータ)がより効率的に印刷され、迅速に処理されるだけではなく、少ない有彩色と増加した黒色で、グレーバランスがより安定し、詳細が明らかになります。

プリネクトは、インキ消費量の削減、迅速なセットアップ、短い停止時間そして、高速のポストプレスなどで節約を可能にします。さらに、このアプリケーションでの印刷はISO 12647-2 の基準を満たしており、さらに良い結果を得ることができます。

4色以上が必要ですか?

マルチカラーが必要です。プリネクトはCMYKの色空間を拡張し、スポットカラーに置き換えます。はじめに、発光、純度、再度が重要な印刷物に対して行います。ここでは、1~3色を加えることで、大きな影響を与えることができます。

別の使い方は、スポットカラーの置き換えです。マルチカラーは、多数のパントーンやHKSを置き換えることができます。この優れた点は、プリネクトが自動で最適なセパレーションを選択することで、数百の色調が再現されることです。求める色調が得られているかを正確に確認することができ、いつでも変更することができます。

マルチカラーワークフローは、視覚効果をサポートしているだけではなく、生産においても明らかな利益をもたらします。小ロットのパッケージ印刷では、洗浄せずに印刷し続けることで利益を生むことができます。

スクリーニングが混ざってはいけないですよね?

すべての要件に適したスクリーン。複数の異なる要因が印刷ジョブに適切なスクリーニング方法を決定します。プリネクトは、従来のAMスクリーンおよびFMスクリーンから、ストキャスティックおよびハイブリッドスクリーンまで幅広いオプションを提供します。プリネクトでは、これらを任意に組み合わせて使うこともできます。

見当精度を上げたいですか?

紙伸びをコントロールします。日々の印刷では、特に用紙の端で発生する見当ズレの原因となる原反の歪みが課題です。プリネクトはこの歪みを初期段階で補正します。予想される歪みは、プリプレス段階でTIFFデータの中で考慮され、プレートの出力前に補正されます。結果として用紙伸び補正は、印刷の品質を向上させ、前準備時間を短縮し、損紙を削減します。

お問い合わせ内容のご確認

このたびはお問い合わせありがとうございます。今回のお問い合わせに迅速に対応するために、お客様の情報をお知らせください。 *印は入力必須項目となります。