株式会社ウィザップとハイデルベルグ・ジャパン、オープンハウスを開催

09/16/2022

  • 一番の決め手は、毎月定額で出ていくお金が分かりやすいという点
  • 2台の4色機を、生産性を倍にして1台にするという提案が現実に
  • サブスクリプションのコンサルティングは想像以上
  • プリネクトの存在がもうひとつの成果を上げられた理由

株式会社ウィザップ(本社:新潟県新潟市、代表取締役社長 高橋英司)と、ハイデルベルグ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 ヨルグ・バウアー)は、株式会社ウィザップ本社において、2022年9月2日(金)、日本全国から印刷会社の経営幹部80名を迎えて、オープンハウスを行いました。オープンハウスでは、ハイデルベルグサブスクリプションの1年を経過しての状況を生の声で聴くパネルディスカッション、座談会、そして工場見学が行われました。

冒頭挨拶にたったハイデルベルグ・ジャパン 代表取締役社長 ヨルグ・バウアーは、まずオープンハウスの機会提供への謝意を表明し、「サブスクリプション契約の最も重要な点は、印刷会社と私たちハイデルベルグ・ジャパンとの新しいレベルのパートナーシップです。 ワークフロー、CtP、印刷機で構成される印刷システムを提供するだけではなく、サービスや印刷資材、そして何より大切なのは、継続的なコンサルティングとサポートを提供することです。」と、その本質について述べました。そして、その新しいパートナーシップは、ウィザップのパフォーマンスを向上させ、持続可能なビジネス基盤を確立実現することを目的としているとした上で、「既に達成すべき目標についてお互いが合意いたしました。私たち、ウィザップ様とハイデルベルグは、まず、社長から管理職、現場の方に至るまで、関係者全員が同じ目標を理解し、共有することから始めました。 そして、今行っているルーティンや働き方をみんなで一緒に見直し、合意した目標に向かって、毎月一緒に仕事を進めることで、“考え方改革”、ひいては“働き方改革“を、実現可能にするのです。」と、サブスクリプションによって、どのようにお客様が持続可能な事業基盤を確立していくかについて触れました。

次に、9月1日に社長に就任したばかりの高橋英司氏が、「この機会に、サブスクリプションを多くの皆様に知っていただき、印刷業界の発展に少しでも貢献できれば幸いです。」と述べ、新潟で創業して76年になるウィザップが、現在100名の従業員で、頁物の印刷やウェブ制作を得意としている会社であること、サブスクリプションの対象となっているハイデルベルグのスピードマスターCD102の4色機をはじめ、製版から製本まですべての設備を紹介しながら、会社概要を説明しました。次に、9月1日に社長に就任したばかりの高橋英司氏が、「この機会に、サブスクリプションを多くの皆様に知っていただき、印刷業界の発展に少しでも貢献できれば幸いです。」と述べ、新潟で創業して76年になるウィザップが、現在100名の従業員で、頁物の印刷やウェブ制作を得意としている会社であること、サブスクリプションの対象となっているハイデルベルグのスピードマスターCD102の4色機をはじめ、製版から製本まですべての設備を紹介しながら、会社概要を説明しました。

続いて行われたパネルディスカッションには、導入を実際に決断した前社長、現CCBプロデューサーの高橋陽子氏と、製造部部長 小池勇樹氏、そしてモデレータとしてハイデルベルグ・ジャパン ライフサイクルソリューションズ本部ゼネラル・マネージャー 紀 世志広が登壇しました。パネルディスカッションでは、サブスクリプションの導入理由、導入プロセスや、導入後の変化等が、経営者視点と現場管理者視点の両方から紹介されました。

一番の決め手は、毎月定額で、出ていくお金が分かりやすいという点
2台あった4色機を1台にして、生産性を倍にするという提案が現実に
サブスクリプションのコンサルティングは想像以上
もうひとつの成果を上げられた理由はプリネクトの存在
ハイデルベルグサブスクリプションプラスとは?
HD-logo-jpeg

太田 一彦
デジタルマーケティング部 Tel: 03-5715-7374
Fax.: 03-5715-7260

お問い合わせ ハイデルベルグ・ジャパン株式会社

このたびはお問い合わせありがとうございます。今回のお問い合わせに迅速に対応するために、お客様の情報をお知らせください。

*印は入力必須項目となります。

ご購入に関するお問い合わせ