株式会社アイワード、日本国内4社目としてハイデルベルグ サブスクリプションを導入

06/24/2022

  • 経営課題をともに乗り越えてきたパートナー
  • ハイデルベルグ サブスクリプションに含まれる60回のコンサルタントに魅力
  • プロジェクトのメインテーマは、「解き放て ポテンシャル!」
  • 枚葉印刷部門全体へのポジティブな影響を高く評価

ハイデルベルグ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ヨルグ・バウアー)は、6月22日、株式会社アイワード(本社:札幌市中央区、代表取締役社長:奥山敏康)の石狩工場で記者発表会を開催し、昨年2021年9月に同社と国内4社目となるサブスクリプション契約を締結、今年2022年3月には反転機構付のスピードマスターXL106-4-Pの納入を済ませ、ハイデルベルグ サブスクリプション契約がスタートしたことを発表しました。

「Push to Stop コンセプトをいち早くご理解頂き、スマートファクトリーへの道を力強く歩んでいるアイワード様に、日本国内4社目としてハイデルベルグ サブスクリプションをご導入頂いたことを嬉しく思います。今後もより強固なパートナーシップでアイワード様のさらなる成功に貢献していきたいと思っています。」と、社長のヨルグ・バウアーが最初の挨拶で未来の成功に向けての継続的なサポートを約束しました。

ハイデルベルグ・ジャパンでサブスクリプションビジネスを担当するライフサイクルソリューションズ本部の草壁は、「2019年に販売を開始したハイデルベルグ サブスクリプションは、単なる印刷機の分割払いではなく、その月額料金には、印刷機に加えてコンサルティング&トレーニング、ワークフローのソフトウェアであるプリネクト、そして、印刷資材と保守サービスが含まれています。すなわち、エンドツーエンド、包括的なサポートにより、機械が常にベストな状態で最高のパフォーマンスを実現できるよう、お客様のサステナブルなビジネスの成功に同じゴールを目指すパートナーとして貢献いたします。なお、印刷業界ではハイデルベルグだけが提供できるサービスです。」と、印刷業界におけるそのユニークなサービスの内容について説明しました。

経営課題をともに乗り越えてきたパートナー
ハイデルベルグ サブスクリプションに含まれる60回のコンサルタントに魅力
プロジェクトのメインテーマは、「解き放て ポテンシャル!」
枚葉印刷部門全体へのポジティブな影響を高く評価
HD-logo-jpeg

太田 一彦
デジタルマーケティング部 Tel: 03-5715-7374
Fax.: 03-5715-7260

お問い合わせ ハイデルベルグ・ジャパン株式会社

このたびはお問い合わせありがとうございます。今回のお問い合わせに迅速に対応するために、お客様の情報をお知らせください。

*印は入力必須項目となります。

ご購入に関するお問い合わせ