ご購入に関するお問い合わせ

新しいクラスのオフセット印刷機 スピードマスターCX104 国内導入開始

10/07/2021

ハイデルベルグ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長 ヨルグ・バウアー)は、10月7日東京本社にて、印刷業界紙各社を招き、“スピードマスターCX104発表会”を開催しました。冒頭挨拶に立ったハイデルベルグ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 ヨルグ・バウアーは、「今年6月23日のハイデルベルグ本社開催のオンラインイベントIT’S SHOWTIME!で初めて発表されたスピードマスターCX104が、いよいよこの秋日本のお客様に導入されます。ただ、もはや私たちハイデルベルグの役割は最新のテクノロジーを搭載した機械をお客様にお届けすることだけではなく、お客様に成功を届けることが使命だと考えています。そのためには、お客様に対して包括的なアプローチでサポートすることが必要で、設備のみならず、ソフトウェア、印刷資材、サービスを総動員することが大切です。この新しい印刷機スピードマスターCX104においても、導入して頂いたお客様に対してこうしたアプローチで力強くサポートしていきたいと思っています。」と、述べました。

続いて、スピードマスターCX104についての製品説明に立ったエクイップメントソリューションズ本部シニアマネージャーの曽篠靖之が、①新たなファミリーを迎えたスピードマスターのプロダクトポートフォリオ、②世界的なトレンドとCX104の製品コンセプト、③完全新設計のコーティングユニット、④システムで品質を担保する重要性に関して説明をしました。そして、「CX104はマーケットニーズから生まれた圧倒的な実績と信頼、最新のテクノロジーを併せ持った印刷機です。パッケージ印刷、商業印刷、ラベル印刷など、様々なアプリケーションに柔軟に対応可能です。また、規模を問わず中小の印刷会社から大手の印刷会社様まで、デジタルトランスフォーメーションにお役立ていただける機械だと信じています。」と、付け加えました。

ライフサイクルソリューションズ本部シニアマネージャーの紀世志広は、「機械の生産性を含めて、導入されてから設備がどれだけお客様のビジネスのお役に立てるかは、私たちが提供するライフサイクルソリューションズ、つまりソフトウェア、印刷資材、サービスが大きなカギを握っていると思っています。今回ご納入頂くスピードマスターCX104も例外ではありません。納入される機械の一生、つまりライフサイクルを通じて、ハイデルベルグのプリネクト、サフィラ、プリントサイトコントラクト等に加え、ハイデルベルグアシスタントやリモートアグリーメント等、最新のデジタルツールを使って全力でサポートさせて頂きます。」と、語りました。

透明フィルムへの印刷のプロが決め手としたのは、幅広い厚み、原反に対応できる柔軟性紹介
生産性を犠牲にせず、むしろ向上し、かつ“感動を届ける山田品質”を実現できる品質再現と安定性
Push to Stop で生産性を最大限に、コストを最小限に、生産現場にとどまらない印刷ビジネスの変革を実現できるソリューション
HD-logo-jpeg

太田 一彦
デジタルマーケティング部 Tel: 03-5715-7374
Fax.: 03-5715-7260

お問い合わせ内容のご確認

このたびはお問い合わせありがとうございます。今回のお問い合わせに迅速に対応するために、お客様の情報をお知らせください。 *印は入力必須項目となります。