ハイデルベルグのPush to Stopにより、書籍の生産を行う印刷会社、グラフォティザック社。

ウィキペディアによると、ボスニアヘルツェゴビナのグルデという町は4つの大企業のホームタウンと言われています。まずはアイスクリーム工場、ヨーロッパ最大と言われているトイレットペーパー工場、ビール醸造所、そして印刷会社です。

実際、合計26,000㎡の土地に商業用倉庫と、最新のテクノロジーを持った印刷会社を構えるグラフォティザック社を見ると驚かざるを得ません。

オーナーでありマネージングディレクターのスティパン ブラニイェシュ氏は、グルデの出身で1983年に会社を設立しました。グラフォティザック社は成長を続け、今では600人の従業員を抱えるグループとなりボスニアヘルツェゴビナ、クロアチア、そしてセルビアに合計10の拠点を持っています。
売上の半分は学校、事務用品から、そしてもう半分は書籍の生産とその物流から来ています。

書籍はこの印刷会社の90%の生産を占めており、ヨーロッパの15の国々に届けられています。
輸出割合は80%で、2017年には2,500万冊の書籍を発送しており、今年は10%の増加を見込んでいます。これに対応するため、昨年グラフォティザック社は最新のdrupaバージョンのスピードマスターXL106とスープラセッター106CtP、そしてポストプレス統合のためのプリネクトモジュールを導入しました。
ハイデルベルグは唯一のサプライヤーとして、事前の強力なアドバイスを含め、彼らが必要とする製品すべてを供給しました。

グラフォティザック社の顧客は、Taschen, Burda, Egmont, Disney, Harper Collins, そしてGyldendalと言った著名な出版社です。残りの10%は、アルコール関税スタンプのセキュリティプリンティングや、折り箱、レバーアーチ式のファイルの生産などで占められています。

”私達は「いつも品質を」というモットーを掲げ、印刷会社として急成長を遂げてきました。”
オーナーの息子でありテクニカルディレクターのマルコ ブラニイェシュ氏は説明します。
”私達は、5年おきに機械を更新しています。そうすることによって、つねに最新の設備で生産できることになり、厳しい目を持つお客様に対してつねにベストな製品を供給できるのです。” 昨年のグループの成長は12%、2018年のゴールは7%です。

www.grafotisak.com

生産性と統合が、経済効率をもたらします。

新しいスープラセッターが3つのシフトをカバー

統合は、始まりと終わりです

お問い合わせ

Get in touch with us!

Ohr und Sprechblase in HDM-Farben

We look forward to hearing from you!

ハイデルベルグ・ジャパンのホームページにお越しいただきありがとうございます。 ご質問やご要望がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせくださいませ。


Contact