B1インクジェットデジタル印刷機 プライムファイア106の世界を体感するVR映像が、ルミエール・ジャパン・アワード2018 VR部門で「特別賞」を受賞

11/20/2018

この度、ハイデルベルグ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:水野秀也)は、2018年7月に開催された印刷業界最大のイベント IGAS 2018において、最新のデジタルテクノロジーの世界をVR(バーチャルリアリティ)で紹介したプライムファイア106の映像が、2018年度先進映像協会 ルミエール・ジャパン・アワード 2018 VR部門で「特別賞」を受賞しました。

VR映像は、世界最先端のB1インクジェットデジタル印刷機プライムファイア106のテクノロジーを紙とともに機械の中を旅することでインダストリアルデジタル印刷の世界を体感するというストーリー。普段、覗けない世界最先端の技術をフルCGのVR映像で体験できる内容になっています。VRならではの“エンターテイメント”の要素をふんだんに盛り込んだ内容で、IGAS2018会場でご覧頂いたお客様からも高い評価をいただきました。

ルミエール・ジャパン・アワードとは、日本国内での上映や放送などの利活用を目的に制作されたVR映像作品において、先進映像協会が設定する統一評価基準に従い、VRの「必然性」、「安全性」、「快適性」、「機能性」、「市場性」の5つの観点から総合的に評価、審査されるアワードで、多くの著名な作品が過去の受賞作品として名を連ねています

ハイデルベルグ・ジャパンがVRにて紹介したプライムファイア106は、デジタル印刷機の柔軟性と汎用性、ピークパフォーマンスクラスのオフセット印刷機が誇る信頼性と安定性を兼ね備えたB1インクジェットデジタル印刷機です。

富士フイルムのインクジェットテクノロジーと長年に渡り培ってきたハイデルベルグの印刷制御テクノロジーによって、これまでのデジタル印刷機とは一線を画す高い生産性と品質を実現。ハイデルベルグのマルチカラーテクノロジーと7色インクジェットシステムを採用することで、ほぼすべての特色を忠実に再現し、コーポレートカラーの一貫性が求められるブランドパッケージにも自信を持って対応できます。

デジタルワークフローとシームレスにつながることで効率性を高め、多言語バージョンやカスタムパッケージの生産、シリアルナンバーのバリアブル印刷、さらにはプリントオンデマンドの瞬発力をも活かした製品在庫の適正化など、顧客ニーズを超える異次元の性能を提供します。

HD-logo-jpeg

小川 洋志
デジタルマーケティング部 広報担当 Tel: 03-5715-7374
Fax.: 03-5715-7390

お問い合わせ

Get in touch with us!

Ohr und Sprechblase in HDM-Farben

We look forward to hearing from you!

ハイデルベルグ・ジャパンのホームページにお越しいただきありがとうございます。 ご質問やご要望がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせくださいませ。


Contact