ご購入に関するお問い合わせ

あらゆる種類のチラシに

スタールフォルダー SSP

チラシは顧客が自身を提示し、継続的な印象を作り出すのに役立ちます。第一印象が重要であることが多いため、最高の品質が不可欠です。その点こそ、スリッターシャフトステーションスタールフォルダーSSPの活躍の場です。スリッターシャフトのいくつかのペアは、製品の背を壊すことなく、多種多様な異なるプロセス、およびさまざまなサイズと重量で高品質のチラシの生産を可能にします。

スタールフォルダー SSP

スタールフォルダー SSPを使用すると、チラシに頻繁に必要とされる非常に幅広いランドスケープフォーマットを正確かつ効率的に習得できます。スコアリング、スリッター、およびミシン目のステーションは、フラットパイル、ラウンドおよびパレットフィーダと組み合わせることができます。折り目には細心の注意を払ってスジが付けられているため、高い重量や全面印刷された素材を使用しても、折った後に背割れしません。これを確実にするために、エアストリームテーブルは、ランドスケープ(横長)の小さな接触面にもかかわらず、用紙をルールに確実に位置合わせします。独自のボールフリーシステムは、跡を残しません。

合計3対のスリッターシャフトにより、さまざまなプロセスができます。オプションの自動化により、ボタンを押すだけで設定を保存し、スリッターシャフトを個別にアクティブまたは非アクティブにすることができます。これにより、あるジョブから次のジョブへの特に高速な切り替えが可能になります。スリッターシャフトの直径は同じであるため、スタールフォルダー折り機の既存のツールを使用できます。基板の時限処理は、EAPシングルセクションパーフォレーションヘッドでも可能です。

SSP後の空気圧ツインレイ装置は、下流ステーションで用紙の流れを2つのルールに分割します。これにより、速度を上げることなく、シートの間隔を最小限に抑え、出力を増やすことができます。これにより、安定した生産が実現できます。

仕様が手動であるか完全に自動化されているかに関係なく、スタールフォルダーSSP(稼働幅56、66、および82で利用可能)を、スタールフォルダー折り機およびデリバリからのすべてのダウンストリームステーションと組み合わせることができます。

お問い合わせ内容のご確認

このたびはお問い合わせありがとうございます。今回のお問い合わせに迅速に対応するために、お客様の情報をお知らせください。 *印は入力必須項目となります。