10個の秘密、お話しします!
ハイデルベルグの印刷必需品ブランド
サフィラ10周年

"コイツ、使える!"が、証明されたサフィラ

シークレット#9:
陰の立役者

リルさんをご存知ですか?

リルサンローラーの役割
リルサンローラーはゴムローラーと協力してインキと湿し水を混ぜ込み(練り)、印刷に適正な乳化状態を作り、転移させ、版面にインキを供給するという重要な役割と、印刷を安定させために必要な量のインキ保有を行う役割を担っています。
その為、リルサンローラーの表面は多孔質であり、新品の状態ですと僅かにザラザラしたマット調です。
またローラー洗浄時には、DローラーもしくはBローラーにドクターブレードを接触させ、インキングユニット内の汚れを掻き落とすという重要な役割を担っています。

20190226_HJP_Rilsan_roller_banner_for_10_years_secret_9_500x500px

リルサンDローラー、もしくは、Bローラーがおかれている環境
長時間重労働
リルサンローラーはゴムローラーに比べて長期間使用するため、耐久性と親油性を両立させる素材であるリルサン樹脂を選定し、一定の品質基準の基に設計されています。
しかしながら、昨今は以下の理由によりリルサンローラーへの負荷が増している状況となっています。

① 小ロット化プラス特色使用などローラー洗浄回数の増加
② 印刷機の高速化と長時間稼動
③ ノンアルコール化によるエッチ液成分の変化
④ 研磨剤を含むグレーズ除去剤や酸、アルカリなどのカルシウム除去剤の使用
⑤ 無処理版の普及による機上現像の際に残る版成分
⑥ 自動洗浄装置のメンテナンス不足による洗い残し
⑦ ローラー間の調整不良による加圧

これらの「厳しい労働環境」により、ゴムローラーだけでなくリルサンローラーも従前よりも早期に磨耗してしまう傾向にあります。

リルサンローラーが磨耗してしまうと
インキと湿し水を適正乳化状態に出来ず、過乳化や転移不良による印刷の品質の低下を招きます。極度に摩耗することによりリルサン樹脂の剥離が発生することもあります。

予防するためには
ハイデルベルグでは優れたサフィラ製品群と専門知識を持った技術者によるご指導を行っております。
ローラーを傷めにくいドクターブレード、低VOCやNon-VOC溶剤、カルシウム除去剤など、印刷機メーカーであるハイデルベルグが推奨する資材を用い、正しい取り付け方、正しい使用方法、正しい掃除や手入れなどのメンテナンス方法をご指導することで、お客様の印刷機を高品質、高回転で安定して長くお使い頂けるようお手伝いいたしております。

更に詳しい情報を知りたい方は

ハイデルベルグのスペシャリストがお応えします。

プライバシーステートメントをご確認の上、チェックを入れてください。
saphira_secret4

シークレット#4

頑強、そして精密

20190123_HJP_banner

シークレット#8

高品質印刷を実現

10周年に感謝!

ハイデルベルグの印刷必需品ブランド
サフィラ10周年
”コイツ、使える!”が、証明されたサフィラ。

5月15日、お客様に支えられて10周年を迎えたハイデルベルグの印刷必需品ブランド サフィラの記念式典が、ハイデルベルグから15キロの所にあるシュヴェツィンゲン宮殿で、世界から320名のお客様をお迎えして行われました。

Slider_Partybilder_1900x1080px

お問い合わせ

Get in touch with us!

Ohr und Sprechblase in HDM-Farben

We look forward to hearing from you!

ハイデルベルグ・ジャパンのホームページにお越しいただきありがとうございます。 ご質問やご要望がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせくださいませ。


Contact