沿革

1909年
大阪市にて創業。染料、顔料、一般工業薬品の輸入および国内販売を開始。

1926年
ドイツ・Schnellpressenfabrik AG Heidelberg日本総代理店契約を締結。
ハイデルベルグ印刷機の販売を開始。

1927年
初のハイデルベルグ印刷機が日本上陸。

1952年
ドイツ・Adolf Mohr社と日本総代理店契約を締結。
ポーラー断裁機の販売を開始。

1955年
ポーラー断裁機の第1号機を納入。

1961年
社名を印刷機械貿易株式会社に変更。

1964年
ドイツ・Stahl社と日本総代理店契約を締結。
スタールフォルダー紙折り機の販売を開始。

1971年
ハイデルベルグ印刷機、国内導入10,000台記念を迎える。

1975年
用紙反転機構付きスピードマスター102 ZPを発表。

1976年
スタールフォルダー紙折り機、国内導入500台記念を迎える。

1978年
ポーラー断裁機、2,500台記念機が日本に入荷される。

1989年
初の印刷機フルデジタル制御装置CPトロニックを発表。

1990年
社名をハイデルベルグ ピーエムティー株式会社に変更。

1995年
ダイレクトイメージング(DI)オフセット印刷機を発表。

1999年
ハイデルベルグ・ジャパン株式会社として事業を開始。

2007年
ユニバーサル技能五輪国際大会に印刷職種の公式サプライヤーとして参加。

2008年
倍判枚葉印刷機スピードマスター XL145/XL162を発表。

2013年
富士フイルム株式会社とデジタル印刷市場のインクジェットプリンティング分野で業務提携。

2014年
リコージャパン株式会社と国内販売で協業を開始。

2016年
日本総代理店契約締結より90周年を迎える。
企業ロゴ・ブランドアイデンティティを刷新。
インクジェットデジタル印刷機プライムファイア106を発表。

お問い合わせ

Get in touch with us!

Ohr und Sprechblase in HDM-Farben

We look forward to hearing from you!

ハイデルベルグ・ジャパンのホームページにお越しいただきありがとうございます。 ご質問やご要望がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせくださいませ。


Contact