用紙が伸びても、正確な絵柄を。

プリネクト自動用紙伸び補正(APSC)

被印刷物、特に「紙」は印刷工程において伸びが発生し、絵柄の見当が合わないことがあります。

ハイデルベルグのプリネクト自動用紙伸び補正(Prinect Auto Paper Stretch Compensation、以下APSC)は”紙伸びの傾向”を計測し、刷版出力時(RIP)に適用することで、紙伸びが起きる状況下でもすばらしい見当性を実現します。

このツールは前もって用紙の伸びの傾向を計算し、絵柄を出力する際に自動的に補正をかけて出力します。この機能を使って出力された版によって、一枚目から正確な絵柄が印刷でき、刷版、準備時間、そしてヤレ紙の削減が可能となります。

プリネクト自動用紙伸び補正(APSC)は印刷機、用紙、インキ、印刷順序、用紙の紙目方向がつねに同じ条件のもとで印刷される仕事に適しています。

  • 自動用紙伸び補正。
  • ジョブの中の個別の刷版を出力動作中に補正。
  • 印刷時における見当性の向上が刷版、準備時間、そしてヤレ紙の削減を可能に。
  • RIPから刷版出力までの一連の工程に統合。

商業印刷におけるプリネクト自動用紙伸び補正(APSC)ソフトウェアのメリット

パッケージ、ラベル印刷におけるプリネクト自動用紙伸び補正(APSC)ソフトウェアのメリット

お問い合わせ

Get in touch with us!

Ohr und Sprechblase in HDM-Farben

We look forward to hearing from you!

ハイデルベルグ・ジャパンのホームページにお越しいただきありがとうございます。 ご質問やご要望がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせくださいませ。


Contact