お問い合わせ

ご購入に関するお問い合わせ

すべてはアウトプットのために

この印刷会社の成功を確実にするという2人のトップの決意を考慮に入れなくとも、ドイツ・レーゲンズブルグにある印刷会社アウミュラーは、最新の設備、インテリジェントなプロセス、士気の高い従業員によって、インダストリアル商業印刷において揺るぎない存在となっています。

南ドイツの歴史の中心地として発展しているレーゲンズブルグは、2006年にユネスコ世界遺産に指定されました。それ以来、以前にも増して多くの人が町にある中世建築の観光に訪れ、写真撮影にはもってこいの曲がりくねった道を散策するようになりました。
”イタリアの最北端の都市”と呼ばれることもあるレーゲンズブルグは、毎年200~300万人の訪問者を魅了し続けています。しかし、それらの人がすべて、単に観光のためにこの地を訪れた訳ではありません。

印刷業界のエキスパート達も、ハルスバッハ工業団地の近くにある、普通とは少し違う家族経営のアウミュラー社を見学するために、この町にドイツ国内外からやってきているのです。
なぜなら、クリスチャンとステファン・アウミュラーの兄弟が、BMW、アディダス、アウディ、そして大手オンラインプリントショップのフライヤーアラーム社といった顧客のために、枚葉印刷というアートをどのように完璧にこなしているかという話が世界に広がり、そして、その話を聞いてぜひ実際に見に来たいという人が後を絶たないからです。

{{ media.alt }}

„私達は数週間のうちに、26ヶ国語で、異なる車種の説明書を合計400種類生産し、ヨーロッパ中の車メーカーの工場に届けなければならないことがあります。“

生産性のためのスペース

30年前にこのファミリービジネスに加わって以来、ひとつのオフィスをシェアしてきた兄弟の成功の秘訣とは何でしょうか?
”一つ目は、ひとつの部屋で一緒に働くことです。つねに相手が何をしているのか、お互いにわかることは、多くの面でプラスに働いていることがすぐにはっきりとわかりました。”と、兄弟のステファンとともに現在4代目のトップを務めるクリスチャン・アウミュラーは説明します。

二つ目の成功の秘訣として2人が口を揃えるのは、これはむしろ普通ではないと感じますが、スペースです。古い町の中にあるオリジナルの建物では間に合わないほど会社が成長した際、彼らの父親である、ジョージ・アウミュラーは1972年に細心の注意を払いながら新しい建物を設計し、移動しました。その建物は2011年までの間で、12,000㎡まで徐々に拡張されました。

”立地を変えること、拡張することは、私達にとって、インダストリアルプロダクション(工業生産)と言えるレベルに成長するためのキーでした。そして、将来もそうだと思っています。スペースは、生産性には必要不可欠なのです。”ステファンは説明します。

”倍の印刷用紙と最終製品のためのスペースを持たずして、倍の生産性を持つ印刷機を簡単に導入することはできません。”

„私達にとって”インダストリアル”の意味するところは、機械を複数台、所有するということです。 言い方を変えれば、つねに同じ世代の印刷機を複数台所有するということです。“

洗練された印刷コンセプト
インテリジェントなエラー除去
成長を遂げる新たな顧客、フライヤーアラーム
お問い合わせ内容のご確認

このたびはお問い合わせありがとうございます。今回のお問い合わせに迅速に対応するために、お客様の情報をお知らせください。 *印は入力必須項目となります。