ハイデルベルグのパッケージングデイで紹介された数々のソリューションに多くの関心が集まる

06/11/2019

  • 差別化と同様、生産性と利益率の向上にフォーカス
  • MKマスターワークスの新しいポストプレス機ダイアナGOとパワーマトリックス106CSBが初登場
  • サブスクリプションデジタルビジネスモデルが業界に新しい刺激を

5月中旬、ハイデルベルグは、ウィスロッホ-ヴァルドルフにて”Together on Track to Success"(成功への道のりをともに)というタイトルのパッケージングデイを開催し、2日間で世界中から350人以上の参加者をプリントメディアセンターパッケージングに迎えました。

お客様はハイデルベルグの統合されたソリューションに強い関心を示し、今業界で求められるニーズに対する包括的な回答を得ることができたと感想を述べました。ロットは減少し、多種多様な仕事が増え、加えて材料費の高騰などにより、ますます利益が圧迫されています。こうした課題に対し、ハイデルベルグは、お客様に標準化されたプロセスと、広範囲で自動化されたワークフローとともに幅広い製品ポートフォリオを提案しました。「私たちは、引き続きスマートプリントショップという考え方を進めることに力を入れていきます。そしてお客様がデジタルトランスフォメーションを進めるお手伝いをしていきます。」と、デジタルテクノロジー担当取締役であるシュテファン・プレンツが、歓迎スピーチの中で説明しました。「その道のりの中で、私たちはお客様のビジネスモデルをより儲かるようにするにはどうしたらいいのか、たくさんの異なるアイデアをご提案したいと思っています。」

例えば、”スマートパッケージングプロダクション”のコーナーでは、全体のソリューションを統合することで、大きく生産性、利益率を上げることができることをお見せしました。プリネクトプロダクションマネージャーで繋がり、コーティング、ロジスティックが装備されたスピードマスターXL106の6色機、新しいパワーマトリックス106CSB打抜き機、そしてダイアナX115フォルダーグルアーが、フルスピードで実演されました。パワーマトリックス106CSBはMKマスターワークス社からの新しいハイパフォーマンスモデルの打抜き機です。時間あたり8,000枚をこなし、パッケージ印刷会社が必要なかさ上げシステム、光学式マスターセット、用紙見当システムなど多くの特徴が装備されています。24時間1週間使い続けることができるパフォーマンスが、効率的な打抜き機を求めているインダストリアルパッケージ印刷会社にとって、新しいパワーマトリックス106CSBを経済的に最適な機械としています。

CMYK+3色スポットカラーをワンパスで印刷するマルチカラーが、スピードマスターXL75アニカラーとVLFのスピードマスターXL162で実演されました。色替えが不要という特徴は、洗浄時間と準備時間を大幅に削減します。つまり、より高い生産性を実現することが可能となります。

”Packaging as you like”(あなたの好きようにパッケージを)というコーナーでは、B1サイズのインダストリアルインクジェットデジタル印刷機 プライムファイア106でパーソナライゼ―ションの可能性が実演されました。この実演では、どのようにして同じ原反、現在お使いの同じフィニッシングプロセスを使って最新のデジタルプロセスを従来のオフセットのプロセスにシームレスに統合することができるかをご覧いただきました。

”One Pass, Infinte Possibilities”(ワンパス、無限の可能性)のコーナーでは、より高い利益が得られる差別化の方法を実演しました。ダブルコーター、フォイルスターを装備したスピードマスターXL106の8色機は、店頭の棚で間違いなく消費者の目を引く最高に魅力的な加飾効果を実現しています。これこそブランドオーナーが求める販売時点でのアイキャッチ効果です。

プリントメディアセンターコマーシャルでは高生産性のオールラウンダーが稼働

サブスクリプションデジタルビジネスモデルが業界に新たな刺激を

HD-logo-jpeg

太田 一彦
デジタルマーケティング部 Tel: 03-5715-7374
Fax.: 03-5715-7390

お問い合わせ

Get in touch with us!

Ohr und Sprechblase in HDM-Farben

We look forward to hearing from you!

ハイデルベルグ・ジャパンのホームページにお越しいただきありがとうございます。 ご質問やご要望がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせくださいませ。


Contact