インモールドラベルを完璧にダイカットして、ワンパスでさらに加工可能です。

スピードマスター XL 106-DDはロータリーダイカッターの原理をベースにしており、通常インモールドラベル製造に使われるフラットベッドダイカッターや打ち抜きダイカッターよりも多くの利点があります。スピードマスター XL 106-DDは15分で生産に必要な準備を完了させます。シリンダの精度やダイカット形状に応じた追加調整は不要です。

特殊なアプリケーション向けのスピードマスター XL 106-DDロータリーダイ切断機には、抽出機能付きの革新的な磁気シリンダーが装備されています。このマシンは外形を切り取るだけでなく、直径5 mm以上の小さな放出穴も確実に取り除きます。これらすべてを1つのステップで、これまでよりも高速に実行できます。

もう1つの利点:50万枚まで対応する生産工程では、従来の平台型ダイカットと比較してツールによる細工コストが50%削減されます。

理解をひと目で

  • 最大ダイカットフォーマットは、フォイル厚0.03 mm (0.0012 in) から0.3 mm (0.012 in) の740mm×1,050 mm (29.13 in × 41.34 in)
  • プリセットプラスフィーダーとプリセットプラスデリバリーを搭載
  • フィーダ用フォイルパッケージ、ダイカット装置および仕上げ搬送装置
  • 2つのサクションセグメントディスクが圧胴からシートガイドプレートへシートを送ります。
  • シートガイドプレートにベンチュリノズル技術を搭載
  • 搬送時のダイナミックシートブレーキ

テクニカルデータ

プレススピード
最大15,000 sph
最小用紙サイズ340 x 480 mm
(13.38 x 18.89 in)
最大用紙サイズ750 x 1,060 mm
(29.52 x 41.73 in)
最大カッティングフォーマット740 x 1,050 mm
(29.13 in x 41.34 in)
原反の厚さ0.03 mm - 0.3 mm
(13.39 in x 18.90 in)
グリッパーマージン10 mm - 12 mm
(0.0012 in x 0.012 in)

 *技術データおよび最大生産速度は、ジョブ、原反および他の要因で変化します。

シリンダー&プレート
ダイカットシリンダー 
切り下げ 0.7 mm (0.028 in)
ダイカットプレート 
長さ x 幅
(切断外形に依存する切断プレート)
819 mm x 1.060 mm
(32.4 in x 41.73 in)
下敷きプレート 
長さ x 幅760 mm x 1.054 mm
(29.92 in x 41.30 in)
厚み0.20 mm (0.0079 in)
ご質問がございますか? ハイデルベルグ・ジャパンにご連絡ください
お問い合わせ内容のご確認

このたびはお問い合わせありがとうございます。今回のお問い合わせに迅速に対応するために、お客様の情報をお知らせください。

*印は入力必須項目となります。