ご購入に関するお問い合わせ

お客様事例

スピードマスターVLF 導入-ドイツ・サクソプリント社-

3台の倍判印刷機で最高のパフォーマンスをスピードマスターXL145-4 とXL162-8-Pの導入で成功を収めるサクソプリント社

「私達は一度限りの記録を求めているのではなく、毎日が常に最高のパフォーマンスをあげられるように考えています。そして8色機で、毎月継続した生産を一貫してあげ続けることです。ジョブチェンジは10分以内、小ロットでも最高の品質、刷り始めの損紙は100枚以内。それこそがスピードマスタークラスです!」と、サクソプリント社のCEOであるクラウス・ザワー氏は倍判のスピードマスターXLについて話しています。単に毎日の生産量ではなく、結果としてこの印刷機が最高のパフォーマンスを生み出しているのです。短納期はオンラインプリントショップにとって重要なことですが、信頼性はなにより重要なことです。

{{ media.alt }}

サクソプリント社は、2007年創業、ドレスデン近郊のラーデボイルにある商印のオンラインプリントショップです。
2012年にCEWEカラー社の傘下に入り、フォトグラフィックサービス制作会社として、ヨーロッパでのリーディングカンパニーです。従業員数は約400名、年間4千万ユーロ以上の売上高をあげています。しかしザワー氏は現状にあまんじようとせず、次のように語ります。「私達は売上を伸ばし、発展していきます。2016年には、売上高1億ユーロを突破したいと思っています。」これは同社にある倍判のスピードマスター3台によって達成されるでしょう。

同社では、1台のスピードマスターXL145-4と2台のスピードマスターXL162-8-Pを使用し、3シフトでまわしています。
また、この倍判の反転機の排紙部には、革新的なダブルグリッパーテクノロジーを搭載しています。用紙を両咥えすることによって、最終胴からデリバリーパイルに積まれるまで、スムーズかつ安定した用紙搬送を可能にします。
シートブレーキの必要がなく、印刷可能面積が最大になり、最高の品質が保たれます。

お問い合わせ内容のご確認

このたびはお問い合わせありがとうございます。今回のお問い合わせに迅速に対応するために、お客様の情報をお知らせください。 *印は入力必須項目となります。