お問い合わせ

ご挨拶

お客様各位

昨年、2020年は私たちの想像がつかない一年となりました。コロナ禍は、経済や業界構造が抱えてきた課題を今まで以上に浮彫りにし、時の流れを一気に進めました。多くの企業で取り組まれているデジタルトランスフォーメーション(DX)や働き方改革へのチャレンジは決して無駄ではなく、むしろ、厳しい難局を乗り越え、新たなスタートの鍵になり、印刷業界全体で取り組むべき課題であると感じております。私どもベンダーが業界において果たすべき役割は、単に装置のみならず、付随するサービスや付加価値を提供することです。弊社は、装置に最適な印刷必需品、印刷ビジネスを包括的にサポートするソフトウェア、新しいビジネスモデルであるサブスクリプション、そして、オペレーター研修に至るまでのバリューチェーンに沿って、これまで以上にお客様を支援させていただきます。その結果、お客様の印刷物一枚あたりの生産コストを抑え、残業時間を減らすことを可能にして、お客様と私ども双方が長期的なパートナーとしてウィンウィンの関係を築くことができると信じております。

さて、私どもハイデルベルグがお客様の成功をお手伝いするうえで大切にしていることを3つ、あらためてお伝えいたします。

まずひとつ目は、「聞くこと」「共有すること」です。皆様が新しいアイディアを考える際、何か問題が生じて不安を感じられた場合は是非、私どもにお気軽にご相談ください。そして、皆様の目標や何をされたいかお教えください。お客様のニーズをしっかり理解することがとても重要であると考えております。

ふたつ目は、「新しい物事にチャレンジすること」「新しい技術、新しい考え方、そして、アイディアを大切にすること」です。「きっとうまくいかない」、「無理だろう」、「そのシステムはうちには合わない」、そんな話を耳にいたします。新しいシステムから遠ざかっていては、いつまでも何も変わりません。新しいシステムに合わせた新しいやり方で業務を進めることによって初めて、真の利益を得ることができます。「どうやって実現させようか?」「何をしたら実現できるだろうか?」、そんな風に是非ご一緒に考えていきましょう。

三つ目は、「結果を出すこと」です。私どもにとって一番大切なこと、それは、お客様の成功です。お客様に製品とサービスをお届けすることだけがハイデルベルグの目標ではございません。例えば、皆様は日々、多品種少ロット化するジョブや、それを効率的に処理するための自動的なデータ処理、作成を気にされていらっしゃるかもしれません。もしくは、働き方改革によって残業時間を減らし、若手社員が魅力を感じられる職場を実現したいと考えていらっしゃるかもしれません。そんな時こそ、私どもにご相談ください。PDFデータから完成品の出荷までお客様の課題を解決するためにレベルアップした“Push to Stop end-to-end”をはじめ、お客様のご要望に合わせたソリューションを用意して、常に皆様の傍らで“結果を出すための”お手伝いをさせて頂きます。

皆様の成功と素晴らしい未来を実現するために、目標と可能性を私どもと共有し、新しい物事にチャレンジして結果を出しましょう。
お客様の成功なくして、ハイデルベルグの成功はありません。

私どもは、皆様のご支援とご理解に感謝しつつ、信頼されるビジネスパートナーとして常に寄り添いながら、皆様がビジネスのポテンシャルを最大限発揮していただけるよう、ワンチームとなってサポートいたします。
2021年も何とぞよろしくお願い申し上げます。

ハイデルベルグ・ジャパン株式会社
代表取締役社長 ヨルグ・バウアー

お問い合わせ内容のご確認

このたびはお問い合わせありがとうございます。今回のお問い合わせに迅速に対応するために、お客様の情報をお知らせください。 *印は入力必須項目となります。